sunny cream 28% 720ml

sunny cream 28% 720ml

販売価格: 1,430円(税込)

品切中
【発売までの経緯】

平成4年に国分酒造の杜氏になった安田宣久は平成7年に初めて「黄麹蔵」に取り組みました
黄麹を使い米の割合が多い仕込み方法で、更に減圧蒸留を行うという独自の手法を考案し
軽やかなタイプの芋焼酎「黄麹蔵」が発売になりました

安田宣久はその2年後の平成9年に
業界初の芋100%焼酎「いも麹芋」に取り組むことになり
芋100%焼酎の発展形として「安田」「フラミンゴオレンジ」も生まれましたが
一方で安田自身が初めて独自の手法を考案した「黄麹蔵」をより発展させたいという想いはずっとあったようでした

令和元年「クールミントグリーン」に取り組んだ際に
もろみの段階からバナナやメロンのような香りを強く感じ
手ごたえをつかんだ安田宣久は、米の割合が多い「黄麹蔵」の仕込み配合で行えば
香りはより強くなるのではないかと考え、昨年(令和2年)秋に初めて取り組んみました

もろみの段階から香りの特徴がよく感じられ出来上がった焼酎は
バナナやメロンの香りにたとえられる"酢酸イソアミル"の値が19.1と
「クールミントグリーン」の17.6よりも更に高い値となりました

とっても甘い香りとバナナのような風味が感じられる焼酎です

より特徴を出すためにアルコール度数は少し高めの28度

飲み方は焼酎を冷やした上でロックもしくは炭酸割りがおススメです

Facebookコメント